住宅ローンの額や年数をどうするか

借りる金額をなるべく減らす

一戸建ての家を買うのは、人生のなかでもかなり大きな買い物です。ほとんどの人は住宅ローンを組んで資金を工面することになります。返済額を少しでも減らすため、頭金をなるべく多く用意するのがひとつのコツです。貯蓄に励んで自分で頭金を準備するのが素直な方法になりますが、親や祖父母から金銭の援助を得る方法もあります。援助される金額によって詳細は異なりますが、まとまった金額を受け取ると贈与税がかかるのが基本です。しかし、住宅の確保を目的として金銭を受け取った場合は、贈与税が課税されないルールがあるので活用するとよいでしょう。ハウスメーカーに相談すると、資金を工面する方法についても相談にのってくれる場合が多いので利用してください。

若いうちにローンを組めば返済が楽になる

ある程度の頭金を用意できたとしても、一定の住宅ローンを必要とするのは変わらない可能性が高いといえます。住宅の購入を考え始めたら、金利の変動について情報を集めるようにしてください。金利は定期的に見直されていて、状況によって返済額が変わります。また、住宅ローンは金利の計算が「固定型」と「変動型」の2つのタイプがあるのが原則です。ローン契約をするタイミングで金利をよくチェックして、どちらのタイプで借りるのが賢いか判断しましょう。長い期間にわたり返済を行うはずですが、若いうちにローンを組むと働ける期間が長いので月々の返済を楽にすることもできます。繰り上げ返済を利用して返済期間を短くすることもできるので、住宅購入の検討は早めにスタートすることが大切です。

© Copyright Start Building House. All Rights Reserved.