税制上の特典を利用することも可能

長期優良住宅だと住宅ローン控除が増える

日本は地震が多い国で、地震への備えが必要になります。地震が発生すると建物が倒壊するときもあり、できるだけ地震に耐えられる建物を建てないといけない決まりになっています。建売住宅など一般的な住宅でもそれなりに地震に耐えられますが、注文住宅であれば長期的に利用が可能な住宅が建てられます。ただ性能が高くなればその分建築費用が高くなる可能性があり、資金計画をするときに苦労するかも知れません。実は長期優良住宅には税制上の優遇措置があります。住宅ローン控除はローン残高の一部を所得税から控除する仕組みで、一般的な住宅と長期優良住宅とで上限額が別に決められています。長期優良住宅は限度額が多くなっているので、それを考慮して資金計画を立てると良いでしょう。

低炭素住宅なら登録免許税などが優遇される

世界的に環境の問題に取り組んでいて、大企業だけでなく個々の取り組みも必要になっています。住宅においてもできるだけ二酸化炭素の排出を抑える住宅の開発が進められていて、自家発電装置であったり、冷暖房などにおける電気をあまり使わない構造の住宅があります。より二酸化炭素の排出を抑えた住宅として低炭素住宅があり、条件に該当するといろいろな税制上の優遇が受けられます。低炭素住宅は高度な技術を用いた住宅なので、注文住宅など自分で家造りをするときなどに選択をします。注文住宅は購入価格が高くなる可能性があり資金計画を難しくしますが、登録免許税の優遇などが受けられます。設計士などと相談して低炭素住宅の条件に合うようにしてもらうと良いでしょう。

© Copyright Start Building House. All Rights Reserved.