頭金をいくらにするか

返済の負担を減らすなら頭金を多めにする

家造りをするとき、住宅ローンを利用する人が多いでしょう。若い人だと住宅を購入できるだけのお金がないのが理由になります。その他住宅ローンを利用すれば減税措置などが受けられるから利用する人もいます。住宅ローンは金融機関に申し込んで利用しますが、その時に頭金をいくらにするかを考えます。物件の購入金額から頭金を引いた金額を将来返済するので、頭金が多ければ多いほど将来の返済額を減らせます。将来的にどんどん稼いで返済する気持ちがあるなら一般的な物件価格の2割程度でもいいでしょう。将来に不安を抱えているのであれば、もう少し多めに用意しておいても良いでしょう。頭金を多くすると貯める時の負担や支払い後の生活は厳しいです。ただ将来の返済負担が楽になります。

できるだけ早く建てたいなら頭金ゼロも可能

家造りをするにはかなりのお金が必要で、若い人だと貯蓄だけで買うのは難しいでしょう。住宅ローンを利用すれば、数十年のローン商品なら毎月少しずつの返済で家が持てます。いざ住宅ローンを利用するに当たっては一般的に頭金が必要とされるので、建てたい家の金額から逆算して計算した額を事前に貯めておく必要があります。そのお金が無ければ、貯まるまで家造りが実現できません。既に子供がいて将来の生活設計が整いつつあるなら、できるだけ早く家造りができる方法を考えると良いでしょう。金融機関によっては頭金ゼロでも利用できるところがあるので、今貯蓄が無くても購入が可能です。ただしそれなりに金融機関と交渉をしなければいけません。また将来の返済負担が重くなるのを覚悟する必要もあります。

© Copyright Start Building House. All Rights Reserved.